製品詳細

D5000 ミセルのイメージ画像
ビタミンD

D5000 ミセル

ビタミンDは、カルシウムと相性が良い脂溶性ビタミンの一種で、様々な働きがあります。紫外線を浴びることが少なくなった現代人には不足しがちで、積極的に補給したい栄養素です。
『D5000 ミセル』は、利用効率の高いビタミンD3を高濃度に配合しました。さらにリコピン、トコフェロール、トコトリエノールも組み合わせています。ミセル加工により、体によく吸収されます。

標準価格

30粒入り
3,780円(税抜 3,500円 税 280円)

標準成分 <1粒(485mg)あたり>

ビタミンD
145 μg
(5,800 IU)
リコピン
0.5 mg
総トコフェロール類
16 mg
総トコトリエノール
10 mg
ココナッツオイル
16 mg
たら油
150 mg
エネルギー
3.35 kcal
たんぱく質
0.13 g
脂質
0.30 g
炭水化物
0.03 g
食塩相当量
0 g

原材料

たら油、ゼラチン、食用植物油脂、ココナッツオイル/グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、トコトリエノール、トマトリコピン、ビタミンD3

■アレルギー物質:ゼラチン

原材料に含まれないもの

このような方におすすめします

  • 室内で過ごすことが多く、日に当たらない方

  • 日焼けしないよう紫外線を避けている方

  • 魚介類を食べる機会が少ない方

  • 丈夫な体を維持したい方

POINT

  • ビタミンD3を高濃度に配合

  • ミセル加工により体によく吸収され、ご高齢の方、お子様にもおすすめ

  • 内容物を保護する成分にもこだわり天然のトコフェロール類を使用

  • 副原料にココナッツオイルを使用

懸念されるビタミンD不足の増加

ビタミンDには、日光を浴びることで皮膚で産生される経路と、食事で摂取する経路の2つの供給源があります。
現代の日本人は「主な供給源である魚の摂取量の減少」「ビタミンD強化食品の少なさ」などの要因に加え、「過度の紫外線対策」によるビタミンD不足が懸念されています。

日本人のビタミンD摂取量

日焼け止めが血中ビタミンD濃度を低下させる

大阪樟蔭女子大学の津川尚子教授らによる研究では、日焼け止めを週3回以上使用するグループは、血中のビタミンD濃度が基準を下回る状態であったと報告されています。