MSSが目指すもの

誰もがオーソモレキュラー栄養療法の
恩恵を享受できる日本に

「自宅から30分圏内でオーソモレキュラー栄養療法を受診できる日本を」という思いを胸に、わたしたちMSSは2003年に創業しました。まだまだ道半ばではありますが、必ず実現できると信じて、これからも励み続けてゆきます。

MSSの栄養療法支援サービスを利用する医療機関・医師・歯科医師の数

オーソモレキュラー栄養療法を取り入れる医療機関・医師・歯科医師は、飛躍的に増加し続けています。わたしたちMSSは、その先生方を全力でサポートします。

オーソモレキュラー栄養療法とは

オーソモレキュラー栄養療法(Orthomolecular medicine)の語源は、「整合・整える(Ortho)」「分子・栄養素(Molecule)」「医学・医療(Medicine)」に由来し、二度のノーベル賞を受賞したライナス ・ポーリング博士が命名しました。この治療法は食事を意図的に変更し、栄養状態を改善することで、体を構成する約37兆個の細胞の働きを向上させ、様々な病気の根本的な改善を目指します。他の様々な治療法との親和性が高いことも特長で、1950年代に北米で始まり、日本では2000年ごろから広まり始めました。現在は日本全国、様々な領域で臨床応用されています。

ライナス・カール・ポーリング博士(1901-1994)1954年ノーベル化学賞、1962年ノーベル平和賞受賞

関連書籍のご紹介

医療現場の最前線で活躍する臨床医が、
なぜオーソモレキュラー栄養療法を実践するのか。
この1冊が、あなたの人生を変えるかもしれません。